• ユーザー登録
  • ユーザー情報の設定

アニメーションエディターとは

3Dモデルを動かしたり,まばたきをするためにはアニメーションが必要です.
基本的なアニメーションは標準で用意していますが,物足りない場合があると思います.
そのような場合、アニメーションエディターを使えばウェブ上でアニメーション作れます.

※vmd等の外部ツールで作成したアニメーションは事情によりアップロードできませんので、アニメーションエディターでの作成をお願いします.

アニメーションエディターの見方

画面の構成は以下のようになっています。

アニメーションを作る(基礎編)

ここでは,腕を下ろすアニメーションを通して,操作方法を解説します.
より細かな編集を行いたい場合は,アニメーションを作る(応用編)を参照してください

下準備

1.ヘッダーのファイルからキャラクターモデルを選び、「読込」をクリックします
しばらく待つとモデルが表示されます
キャラクターモデルはキャラクターを用意する等で作成したキャラクターを使って下さい

2.タイムライン設定からフレーム数を変更します
フレーム数はパラパラ漫画の紙の枚数のようなものです
ここでは90と入力してみましょう
3d-aiは1秒で30フレーム使うので(フレームレート30),最後まで再生すると3秒のアニメーションを作成することになります.

3.3Dビューの位置を調整します
左ドラッグで注視点移動,中ドラッグで視点移動,ホイールで拡大縮小ができます

ボーン編集

1.まず,アニメーションを設定したいフレームまで移動します
ここでは,45フレームに移動しましょう
フレームは,タイムライン・ボーン/モーフウインドウの数字部分のクリックか左右キーで移動できます.

2.モデルにはボーンと呼ばれるものが入っており,これを動かすことで様々なポーズを取らせることが可能です.
ボーンを選択するにはボーンウィンドウからボーン名を左クリックするか、3Dビュー上の青丸(赤で囲った所)を右クリックするかで選択できます

3.ボーンを選択するとコントローラーが表示されます
コントローラーは右クリックで操作します
右腕(arm_R)のボーンを選択し,右腕を横に下ろしましょう

4.ボーンに変更を加えると,変更情報であるキー(またはキーフレームとも)が自動で作成されます

5.次は左腕のアニメーションを作ります
89フレームに移動してください

※フレーム数が90の場合,0~89フレームが編集可能となります!

6.左腕(arm_L)のボーンを選択し,左腕を横に下ろします

確認,修正と保存

1.タイムライン設定の再生ボタンを押して,アニメーションを確認してみましょう
キーフレーム間の動きは,滑らかになるように自動で作成されます.

※コントローラーは何もないところで右クリックすると消すことができます

2.右腕を素早く,左腕をゆっくり下ろしていますがなんだか不格好なアニメーションです
これは右腕が0~45フレームで下ろすのに対して,左腕が0~89フレームで下ろしているからです
右腕を下ろしてから,左腕を下ろすように変更してみましょう

3.0フレームのarm_Lのキーを左クリックで選択し,Ctrl+Cでキーをコピーします
そのまま45フレームに移動し,Ctrl+Vでキーを貼り付けます

4.45フレームにキーを作成したことで,左腕は0~45フレームまで横に伸ばしたままとなりました
再生ボタンからもう一度アニメーションを確認してみましょう

5.右腕を下ろしてから,左腕を下ろすように変わりました.
名前を付けて保存よりアニメーションを保存します.